Case:1-008

受け口の原因が骨にあるタイプです。
6歳に近づいてくると、前歯の永久歯の生え変わりが起こりかみ合わせが変化することがあります。

特に歯性反対咬合(歯が原因で反対咬合となっているタイプ)は前歯の生え変わりで自然とかみ合わせが改善することもあるため、この時期に治療をしないこともあります。

一方で骨格性の反対咬合の場合、前歯が生え変わり永久歯になっても反対咬合となることがほとんどのため、前歯の生え変わりや6歳臼歯が生えてくるタイミングであっても矯正治療を開始することがあります。

大阪府茨木市の矯正歯科専門クリニック

〒567-0817大阪府茨木市別院町4-15 別院町・掛谷第6ビル1F

みやの矯正・小児歯科クリニック